ホーム » 結婚式用の振袖のレンタル料金の相場

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    結婚式用の振袖のレンタル料金の相場

    振袖は、成人式を機に購入したという女性もいますが、未婚女性の着物でもあることから着るチャンスは少ないものであり、手軽なレンタルを利用する人も多いものです。しかし、成人式の日は全国的に同じ日に被ってしまうものであり、その日はレンタルをするにも高額な費用になりがちです。けれども、成人式の前撮り用や後撮りとして日にちをずらせば手頃な価格から借りることができ、結婚式にお呼ばれしたという時に借りるにも、成人式と被らなければリーズナブルな料金で着物スタイルを楽しむことができます。振袖レンタルは、だいたい三万円から五万円程度でも利用できることが一般的ですが、豊富な種類があるので新商品であったり絞りなどの技法が用いられたものになれば高額になることもあり、レンタル料金の相場もさまざまです。

    予算を抑えてレンタルするならば

    結婚式に参列する時には、何かとお金がかかってしまうものです。ご祝儀も必要になりますが、二次会に参加するのであれば二次会費も必要になります。また、着ていく服も普段とは違ったおめかしをしたいものであり、それに合わせるバッグや靴、ヘアセットなどの費用もかかってきます。できるだけ予算を抑えたいという場合の振袖レンタル方法としては、オプションをつけずに基本プランだけにするといいでしょう。新作ではなく去年に発売されたものになれば、より手頃な価格で貸し出しが行われていることもあります。ただし、オプションであってもつけておきたいのが着物保険です。プランに含まれていればいいのですが、別申し込みが必要な場合には、万が一汚してしまった場合に備えておけば高額な弁償費用を支払わなければならないというトラブルを防ぐことができます。

    せっかくならいいものを借りたいという場合には

    結婚式に参列する時はせっかくのチャンスなのでおめかしをしたいというのであれば、ワンランク上の振袖に挑戦してみるといいでしょう。相場よりも高くなってしまいますが、成人式の日に借りるのであれば五万円以上にもなってしまう料金も、閑散期になれば手頃な価格で借りることができます。着物レンタルでは、初心者でも自分で用意するものが何もないように着付けに必要なものや小物類も全てフルセットで貸し出しが行われているというのが一般的ですが、よりグレードアップをした絞り染めや最新のデザインのものになれば追加料金がかかることになります。他にも、帯や和装バッグ、草履などの小物類でも、職人の技が光るものや上質なものになれば、オプションとして別に借りることにもなります。しかし、購入するよりもはるかに安い料金になり、成人式では予算的に断念したものであっても選び放題で安く借りることができます。