ホーム » 結婚式用の振袖にはどんな特徴があるの?

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    結婚式用の振袖にはどんな特徴があるの?

    振袖は主に未婚の女性が身につける着物として知られていて、未婚の女性が身につける着物の中では最上級の礼服として利用されています。そのため結婚式や披露宴で身につけるという人も多いのですが、実はおめでたい式で身につけるものに関してはいくつかの種類があってそれぞれに特徴があるという事は知らない人も多い部分です。この種類や特徴によってどちらの立場で身につけた方がいいのかと言う傾向も異なってきますし、着物で参加するからこそドレスとは違ったマナーや注意点があります。華やかな衣装で人目を引くからこそ、正しい種類や特徴を把握するだけではなくマナーの面も身につけておくことで女性としての品格を高める事ができるようになっているので、その点を確認してから身につけることがおすすめです。

    結婚式用の振袖の特徴にはどんなものがある?

    まず振袖には「大振り袖」「中振り袖」「小振り袖」の3種類があって、成人女性が身につける場合には大振り袖もしくは中振り袖を選択することが一般的です。ちなみに小振り袖も結婚式などで身につけることは出来ますが、どちらかと言えば小柄な人や子供向けだとされています。これらの特徴としては「通常の着物よりも袖の幅が大きい」というところで、3つの種類も袖の大きさによって分けられています。この袖の大きさが着物の品格を現しているので、袖が大きければ大きいほど格式が高い気ものであるということになっているのです。では大振り袖もしくは中振り袖ならばどちらでもいいのかというとそういうわけでもなく、大振り袖はどちらかと言えば新婦など実際に式の主役が身につけるものだと考えられています。中振り袖はお呼ばれした人が身につけることが一般的なので、その点に注意して身につける必要があります。

    結婚式で振袖は成人式でも身につけられる?

    振り袖は基本的に女性の和装の礼服としての取り扱いになっているので、結婚披露宴以外にも成人式でも身につけることが出来ます。そのため1着持っていればそのまま複数の冠婚葬祭で着まわす事ができるのですが、冠婚葬祭の内容や立場によっては振り袖の柄が派手だったり地味になってしまう事があるのでその点は注意が必要です。また一般的に振り袖は未婚の女性が身につけるものだと考えられているため、30歳を超えてからや結婚してからも身につけるというのはあまり好まれていない傾向があります。基本的には振り袖は何歳でも身につけられるのですが、周囲の価値観などにも配慮しておく必要もあるようです。それ以外にも袖などに直しを入れて小振り袖にすれば子供の十三参りにしたり、ちょっとしたパーティーにも身につけることが出来ます。