ホーム » 結婚式で着用する振袖を選ぶ際の注意点

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    結婚式で着用する振袖を選ぶ際の注意点

    結婚式でお呼ばれされた時には、おめかしをしていきたいと女性なら誰でも思ってしまうものです。ブランドのワンピースも魅力的ですが、それ以上に和装は多くの人の注目を浴びる美しさがあります。結婚式に参列するのに和装で行くという場合には、洋装と同じように服装のマナーがあります。洋装であれば肌の露出を避ける必要がありますが、和装であれば肌がそれほどでないことから何でもいいと思われがちです。しかし、着物にも格があることを理解する必要があります。振袖は、着物の中では第一礼装として結婚式に着て行っても失礼には当たりません。しかし、袖の長さや色、柄には注意が必要であり、自分のものではなくレンタルを利用するという場合には、マナーにも気を付けて選ぶようにします。

    花嫁よりも目立たず自分に合ったものを

    結婚式にお呼ばれされた時には、招待客からも注目されるようなおしゃれなスタイルをしたいと思っていても、主役となる花嫁以上に目立ってしまうことは避けなければなりません。それは、着物スタイルの場合でも言えることです。お祝いの場でもあることから華やかさも必要になるのですが、花嫁より目立つことや花嫁と被ってしまうことも避けなければなりません。もしも花嫁が色打掛を着るとなったら、色打掛の色や柄が被らないことにも注意が必要であり、友人であれば事前に色打掛のデザインを聞いておけば安心です。また、自分に合ったものを着るということも重要であり、振袖の場合には未婚女性が着るものでもあるので、結婚をしたら着て行かないことがマナーです。また、若い女性のための着物でもあるので、30代になったら訪問着や色留袖にしておくと安心です。

    袖の長さに注意をして選んでみよう

    振袖は、色や柄の他にも袖の長さによる種類があります。大きく分けて三つの長さがありますが、袖の長さが115㎝の一番長いものになると注意が必要です。大振袖は、最も格式が高いことから正装としてふさわしいのですが、花嫁が和装を着るとなった場合には被ってしまうことになります。また、花嫁が洋装であっても袖が長いことで目立ってしまうので、親族から良く思われない可能性を考慮して避けた方が無難です。袖の長さが105㎝程度であれば、目立ち過ぎることもなくマナーとしても安心です。袖が短い85㎝程度のものでは、10代の若い女性であればかしこまりすぎることなく違和感がありません。袖が短いだけ動きやすいので、グラスを倒してしまったり食べ物を袖につけてしまう可能性も減ります。