最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし

    結婚式で着用する振袖の選び方について

    最近は神社など神前で日本古来の方法で結婚式を挙げたいというカップルも増えてきています。特に外国人の方と結婚される方は、相手のご家族の方が和風の結婚式を挙げると喜ばれる方も多いため、国際結婚のカップルの場合、よく神前で式を挙げられる場合があります。その場合、参列をするゲストも着物などを着用して出席すると式の雰囲気と相性が良い服装で出席することが出来るため、新郎新婦に喜ばれます。日本で生活をしていてもなかなか着物を着るという機会はそうあるものではありません。せっかくのお祝いの席ですから、機会があればお祝いの席に着物で出席をしたいものです。独身女性の場合、用意する着物は振袖になりますが、あくまでもゲストであるということを意識した柄を身に着けるように気を付けましょう。

    あまりにも艶やかな柄は避けましょう。

    振袖を着る機会は、未婚である女性で、成人式や卒業式、そしてご親戚やご友人の結婚式で着る機会があるかと思います。成人式や卒業式の場合は、自分が主役になりますから、どんなに艶やかな柄であっても自分の好みの柄の着物を身に着けて全く問題はありません。しかし、お呼ばれする式になるとそういう訳にはいきません。あくまでも自分はゲストであり、主役は新婦でなければなりません。新婦よりも目立つような派手な柄の着物は出来れば避けましょう。また、成人式や卒業式で身に着けていたファーなどは、お祝いの席では殺傷をイメージするので避けるのがマナーです。知らずに身に着けて行ってしまった場合は、クロークなどに預けてしまい、式場などで身に着けたままにしないように気を付けましょう。

    黒留袖と見間違う色や柄は避けましょう。

    着物を選ぶ際に、あまり派手な色味の着物は避けた方が良いのですが、黒留袖と見間違うような色味の着物も良くありません。黒留袖は新郎新婦の親族、その中でも特にお母様が着用する着物です。新婦よりも目立ってしまってはいけないことはもちろんのことですが、お母様と見間違うような紛らわしい着物も避けた方が無難です。最近の振袖では黒や紫などモダンな色味の物も増えていますが、結婚式では控えた方が良いでしょう。派手さは抑え、黒の着物も避け、自分らしさが出ないと思われる方は、着物に映える小物で艶やかさを演出することも出来ます。帯や髪飾り、カバンなど、着物ならではの華やかなアイテムで華やかさを演出することが出来ますので、着物に合った小物を選んで式を彩りましょう。

    着物を愛する全ての人々に信頼され、愛されるショップを目指しておりますので、ご要望があれば是非お寄せ下さい。 我が社では寸法直しを国内手縫いのみで丁寧行っており、価格も袖の身丈で30000円と特別料金になっています。 品質、価格、品揃え。お客様第一をモットーに 今日もとっておきのお着物を お届けいたします! 結婚式の振袖は美しいものを選ぼう